第1回産学官地域連携コーディネーター研修会(地域連携プラットフォーム事業)

2017-11-02

平成29年度 地域連携プラットフォーム事業の一環で、

コーディネーター研修会を開催致しました。

 

現在、沖縄県内には20か所に産学官地域連携協議会があり、

各地域が主体となった地域連携の取り組みが展開されています。

それぞれの協議会には、地域で活躍するコーディネーターがおり、

今回はそのコーディネーターさんたちを対象とした研修会を開催しました!

 

第1回目となった今回の研修会は

「学校との連携強化に向けてコーディネーターに求められることとは何か」という

テーマで行いました。

 

二部講演1

まずは長年、直接教育現場に携わるお2人の講演。

 

沖縄県教育委員会義務教育課 学力向上推進室 指導主事 仲地 千佳(なかちちか)氏の

「キャリア教育の充実に向けた新学習指導要領の考え方」の講演。

仲地さん

 

那覇市立小禄小学校 校長 吉浜 幸雅(よしはまゆきまさ)氏による

「小禄小学校で行うキャリア教育のお話や、

企業と学校を繋ぐコーディネーターに求められる役割と具体的連携方法」について熱講演。

吉浜さん2

 

このような志高く、教育現場を想う先生方の講演や、教育現場にいるからこそ感じる、

地域のコーディネーターへの重要な役割について意見交換する時間は、

やるべきことの明確化にもつながり、

今後のコーディネーターのモチベーションを高める大切な時間となりました。

 

第二部研修様子

 

その後はグループに分かれて、

意見交換をしながらコーディネーターとしての役割や

学校と円滑に連携するための10ヶ条を考えるなど、

ワークを通して交流をはかりました。

 

グループワーク

 

未来を担う子ども達は、学校や家庭だけでなく、企業や地域の大人など、

多くの大人と触れ合うことが、多様な生き方や価値観を学ぶ機会になります。

それらの機会をコーディネーター達が作り出していくことで、

子ども達が自分で自分の将来を考え、

自らいきいきと歩みだしていくことができる力をつけることに繋がる。

今回のフォーラム・コーディネーター研修会では、

改めて、子どもたちに関わる私たち大人の責任や、伝え続けていく・

関わっていくことの大切さを今一度感じることのできる時間となりました。

ここ沖縄から様々なキャリア教育の輪を広げていけるよう頑張っていきます。

 

 

 

Copyright © 2017 株式会社 ケイオーパートナーズ All rights Reserved.
Top