【北中城】北中城高校 職業人講話(令和2年度初の取組)

2020-08-07

こんにちは!!

コロナの影響もあり、初の取組が遅くなりましたが…北中城高校で職業人講話が開催されました(^_^)

今年度からは、北中城高校1年生の地域探究学習を、学校と協議会で協力して取り組むことになっています。

高校生がいくつかの分野に分かれて北中城村を探求していくのですが、北中城高校は北中城村外出身の生徒も多いので、北中城村について”知る”ところからのスタートになります☺

7月22日の講話では、北中城村観光協会の又吉演様、松村優樹様にご登壇いただきました。

まずは”観光”とはどういうものか説明していただきました。生徒にマイクをまわしながら、何名かには自分の考えも発表してもらいました(^^)

また、行政が観光を推進しようとするのは、お金を稼ぐために必要だからと又吉様がおっしゃっていました。

ここまではっきりとお話していただいたので、少し驚いたのか、実施後のアンケートにそれについて書いた生徒もいました(^◇^)

北中城村の観光についても詳しくお話いただいたり、(宿泊施設の数や、飲食店の数などお伝えいただき、近隣の沖縄市や北谷町、中城村と比較していました)コロナ発生後、観光協会が取り組んだことをお話いただきました!

観光協会では、コロナウイルスの影響で与えられた飲食店の大きな打撃を、テイクアウトののぼりを提供したりしてどうにか支援しようと取り組んだようです。 最後には、コロナウイルスの影響を受けた後の北中城村の観光をどうしていけばよいかを考えました☺

↓↓↓

講師は、短い時間の中で様々な意見を引き出してくださり、生徒はこれから行う地域探究学習を考えていくきっかけづくりになったと思います(*^-^*)

又吉様、松村様、本当にありがとうございました。

コロナのお話は、社会の大きな変化が子ども達自身にも影響しています。これまで通りの生き方ではなく、社会の変化に柔軟に対応できる力がよりいっそう求められる時代になっているので、今後は高校だけでなく小中学生にもそのような内容を伝えていきたいと思っています!

Copyright © 2020 株式会社 ケイオーパートナーズ All rights Reserved.
Top